Looking to submit a support request? We are now a Perforce company, please submit any requests on our new support page.
フォローする

プロジェクトをカスタマイズ ‘品質保証(QA)’

品質保証(QA)の画面で、[その他][プロジェクトのカスタマイズ‘品質保証(QA)’...] を選択すると、全ユーザーに影響を及ぼす特定のQA設定をカスタムすることができます。

このプルダウンメニューはメインマネージャーだけに表示されます。

カラム
メール通知
品質保証(QA)
バグの検索

 

カラム

エクストラカラムを追加することは、QAを自分のニーズにあわせてカスタマイズしていく上で、基本的な作業です。
こちらの画面では、プリセットのカラムを選んだり、もしくはオリジナルのカスタムカラムを作成することもできます。

カスタムカラムを作る場合は、[カラムを作成] をクリックします。

メール通知

QAの作業に必要なメールの設定を行うことができます。通知用のメールはHTMLフォーマットで送信され、バグ(やタスク)を参照する場合は、Hansoftのアプリケーション内の特定のアイテムへ直接ジャンプすることができるハイパーリンクとして挿入されます。

こちらの画面では、自動生成メールのさまざまな条件を設定することができます。

さらに、新規コメントが投稿された時、それを個別のユーザーやユーザーグループへCCすることもできます。

また、バグが特定のステータスになった場合に、個別のユーザーやユーザーグループへ通知するといったことも可能です。

品質保証(QA)

新規バグの標準ワークフローを選択する

HansoftのQAセクションでは、多数のワークフローを持つことができます。このオプションでは、新規バグを報告する際にどれが標準のワークフローとなるのかを指定することができます。
あるワークフローをバグワークフローとして使うための注意点としては、プロジェクトの [品質保証(QA)ビュー] にて使えるようになっている必要があります。ワークフローのセクションを設定するには、まず [その他]→[パイプライン、かんばん、ワークフロー...] からワークフロー・エディターを開きます。


ワークフロー・エディターのツールバーに、表示セクションというオプションがあります。[品質保証(QA)に表示] もしくは [すべてに表示] を選ぶことで、このワークフローをバグワークフローとして使えるようになります。

このユーザーに新規バグの報告を許可

どのユーザーが現在のプロジェクトでバグ報告を行えるか、設定することもできます。設定をユーザーグループ単位にすることも可能です。

バグの検索

バグの検索

規模の大きいQAプロジェクトでは、バグの数も膨大になります。特定のキーワードや条件が未設定の場合、全バグが「プロジェクト内のすべてのバグ」リストに表示されます。すべてのバグを表示したくない場合はこのボックスのチェックをはずしてください。

自動更新
ユーザーが1分間無操作状態だった場合に、Hansoftが自動更新するよう設定するには下のボックスをチェックします。表示を更新するとユーザーによって設定されているキーワードや条件に従ってHansoftがバグを検索します。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください