Looking to submit a support request? We are now a Perforce company, please submit any requests on our new support page.
フォローする

バックログ

project_backlog-fullexample

Small Agile Project におけるプロダクトバックログ

バックログは、未来の作業の中心的な貯蔵庫であり、アジャイルプロジェクトにおいてしばしば重要な役割を果たします。

要件、バグ、改良点、機能要求、予定タスクなど、さまざまな未来の作業がバックログのアイテムになり得ます。バックログに含まれる作業は、どのスプリントにもまだ「コミット」されていません。そのため、理論的にはこれらのバックログアイテムに現在従事している人はいません。バックログからスプリントにアイテムをドラッグすることによりアイテムがコミットされ、ユーザーに割り当てられます。スプリントにコミットされたアイテム名の前にはバックログアイコンproject_backlog-backlogarrow がつき、[スプリントへコミットずみ] カラム内にコミットされたスプリントが表示されます。

バックログのアイテムは、 階層ビューボードビュー優先度ビューという3 つの異なるビューによって取り扱うことができます。これらのビューはそれぞれ同じ情報およびアイテムを表現しています。

ヒント:バックログは異なるカラムを使ってカスタマイズすることで、アジャイルにおけるニーズを幅広くカバーできます。 より詳細な情報については、カラムのカスタマイズを参照してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください