フォローする

ワークフローステータス設定

workflow-status-settings

ワークフローステータスの設定ダイアログ

ワークフローステータスには以下のようなオプションがあります。

基本設定

・ステータス名とアイコンの設定

・このステータスから先に進む前に入力する必要のあるデータの指定(例: コメント入力必須など)

「このステータスになったとき」のアクション設定

・[アイテムの残り作業を次に設定]:品質イテレーション(アルファ、ベータ、ゴールデンマスターなどの残り作業のリセットが行われる各ステージ)で便利です。

・[割当先]:ユーザー/グループへの割当。たとえば、ワークフローのテストステージに到達した際に、ユーザーグループ 「QA テスター」への自動割当などが行えます。

・[Email通知先]:ユーザー/グループへの Email 通知設定。たとえば、「テスト完了」ステータスに到達した際にメールをマネージャーに送信します。

・[このアイテムステータスを以下に設定](アジャイルとスケジューリングアイテムの両方に影響) :[未完了]、[完了ずみ] などに指定。これを指定しておくと、ステータスが「テスト不合格」になって、アイテムがテスト開始前に割当対象だった最初のユーザーに再割当された際などに、便利です。

追加設定オプション

・[誰かに割り当てたときの移動先]:アイテムが誰かに割り当てられたときに、指定のワークフローステータスに移動します。

・[このステータスのユーザーに割当中の場合「未割当」には設定不可]:ユーザーによるアイテムのほかのユーザーへの再割当を行う場合に便利です。すべてのユーザーをアイテムから削除することはできないようにすべきです。

・[「To Do リスト」内で再割当を許可(ルールのオーバーライド)]:割り当てられたユーザーが、別のユーザーのほうがタスクにより適していると判断した際などに、利用すると便利です。

・[ステータスが以下に変化したら]:アイテムが 「完了ずみ」などに設定された場合、選択したワークフローステータスに移動するよう設定します。テストやアートレビューなどで便利です。たとえば、タスクが完了したら自動的にワークフローステータス 「QA によるテスト」が設定され、別のテスターに割り当てるようにします。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント