フォローする

パイプラインの更新および削除

パイプラインを編集した後には、プランニングビューやバックログで変更を反映してアイテムを更新するオプションが与えられます。

すべての既存のアイテム、あるいは選択されたアイテムを更新できます。または、変更を新規のアイテムに適用することもできます。

pipelines_updating-example

変更を保存した後にアイテムを更新しないと、パイプライン名の右に [旧バージョン] というハイパーリンクが表示されます。このリンクをクリックすると、最新バージョンに更新したり、またはパイプラインの古いバージョンを表示したりできます。

pipelines_updating-oldversion

同様に、パイプラインを削除した場合もアイテムを更新するオプションが与えられます。

pipelines_updating-deleting

アイテムを更新しないままにしておくと、[削除ずみパイプライン] というハイパーリンクが表示されます。このリンクから、パイプラインの再削除やアイテムの更新を選択できます。

pipelines_updating-deleted

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント