Looking to submit a support request? We are now a Perforce company, please submit any requests on our new support page.
フォローする

翻訳

翻訳や言語に関する設定は、[個人設定] ウィンドウ内にあります。[プランニング]、[品質保証(QA)] 、[バックログ] いずれかのビュー、または [管理] か [To Do リスト] のツールバーにある [その他..]をクリックすると開くことができます(キーボードから「Ctrl + O(Cmd + O)」キーのショートカットを使って開くこともできます)。

このオプション設定は個人と全プロジェクトの両方で使用され、Hansoft のすべてのビューに影響します。たとえば、言語設定を変更した場合、Hansoft クライアントのすべてのテキストが設定した言語に変更されます。

projects-my_personal_options_manage_translations

[個人設定] から [翻訳の管理] ウィンドウを開くことができます。ここでは、新しい翻訳を作成したり、既存の翻訳ファイルを編集したりできます。

projects-my_personal_options_manage_translations_window

新しい翻訳を作成するときは、作成する言語を選択します。また「ベースとする翻訳」の言語で、翻訳がテンプレートとして使用する言語を選択します。

例:

Hansoft ではすべてのラベルに関して翻訳が可能なわけではありません。これには多くの理由がありますが、主な理由としては各言語の構造の違いにより、翻訳が難しいケースが多々あるためです。こういった場合には、Hansoft の翻訳機能ではベースとする言語をそのまま維持して表示します。

projects-my_personal_options_manage_translations_new_language

また、Hansoft にはドキュメント管理ソフトのような作業ができるオプションもあります。 [チェックアウト]、[チェックイン]、[履歴を表示] によって翻訳ファイル編集の基本的な操作が可能になります。[エクスポート] は、翻訳ずみのファイルを1つのバイナリーファイル形式でエクスポートしてコミュニティーに提供したいときに使用します。[その他..] からは、複製、名前変更、削除、変更を破棄などのメニューを操作できます。[許可] から、誰が翻訳ファイルの編集を行えるかという許可設定を行うこともできます。翻訳作業の分析を行いたい場合には、翻訳ずみの文/翻訳できていない文を、それぞれスプレッドシートに書き出すことができます。

projects-my_personal_options_manage_translations_export

 

特定のラベルを変更する

ラベルを変更するには、正しい IR ファイルの中でラベルの保存場所を特定する必要があります。任意のラベル ID を検索することにより、これは簡単に行えます。[個人設定] で言語を [Debug IDs] に変更することができます。また、翻訳ファイルを Excel 形式でエクスポートすることによって Hansoft のすべてのラベルがリスト化されるので、この方法でもラベルIDを探すことができます。

[その他..] → [個人設定]

 

英語のラベル表示

同内容をデバッグID表示に変更

 

編集したい翻訳を選択し、チェックアウトします。

翻訳をチェックアウトすると、Hansoft 内のすべてのテキストストリングを含むファイルリストが表示されます「HPMLocalizeClientLoggedInGui」に Hansoft クライアントの GUI に対応するラベルが含まれています。

検索ボックスを開き(Ctrl + f または Cmd +f)、ラベル ID を入力します。

ラベルを変更するには、デフォルトのラベルの引用符(" ")の間に新しいラベルをタイプして入力します。

この例では「Planning」というラベルを変更しようとしています。

Planning "新しいラベル名をここに入力"

{

// 30f682ee

:00_Current "Planning"

}

変更したら、[翻訳の管理] に戻り、ファイルをチェックインします。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください