Looking to submit a support request? We are now a Perforce company, please submit any requests on our new support page.
フォローする

スプリント優先度ビュー

スプリントバックログアイテムは通常、アジャイルスケジュールビュー内で入力するか、またはプロダクトバックログからコミットしてから、[優先度] カラムで優先順位をつけます。この作業の優先度は、プロジェクトメンバーの To Do リストにあるアイテムの順位にも反映されます。

projects-set_prio_column

[優先度] カラムを用いたスケジュールビューでのアイテム優先度の設定

優先度ビューを使用してプランニングを行うことで、アイテムの順位づけがより簡単にできます。このビューでは、アイテムを上下にドラッグするだけで優先度を設定することができます。周囲のアイテムの順位も、この移動に従って変化します。

projects-set_prio_dragging

スプリント優先度ビュー

更に、ボードビューではカラムまたはスイムレーンのどちらかを優先度表示に使用することもできます。

Projects-wall_sprint_pri

ボードビュー上でのスプリント優先度表示

ツールバーにあるコマンドで、過去のスプリントの表示/非表示を切り替えることができます。

projects-set_prio_show-menu

 

優先度ビューにおける作業の優先度は、プロジェクトメンバーの To Do リストにあるスプリントバックログアイテムの優先度に反映されます。また、プロジェクトメンバーが、自分のアイテムの優先度を To Do リストから変更できるように設定することもできます。

Projects-set_prio_from_my_work

 

[プロジェクトのカスタマイズ...] → [優先度] と移動して、カスタムドロップリストのカラムをスプリント優先度として選択できます。 ここで、チームメンバーが優先順位付けを To Do リストから行えるかどうか、設定できます。

projects-backlog_item_prio_costom_prio_settings

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください