Looking to submit a support request? We are now a Perforce company, please submit any requests on our new support page.
フォローする

ボードビュー

このビューの主な用途は、アイテムの作成、管理や分析を、仮想ボード配置した方法で行うことです。このビューは、アジャイルプロジェクトでよく利用される、大きなボード(掲示板)をシミュレートしています。ボードは、スイムレーン/マトリックスまたはかんばんを表示するよう設定できます。

agile_wall-overview_zoom70

スイムレーンにユーザー、カラムにアイテムステータスを配置した一般的なボードビュー

ボードのレイアウトツールバーでは、表示するスプリント(またはかんばん)、カラムとレーンに表示するデータ、アイテムカードの設定など、さまざまな設定を行うことができます。

 

スプリントビュー

スプリントビューはカラムとレーンで構成されます。まず [スプリント] セレクターでスプリントを選択し、それからカラムとレーンにそれぞれどのアイテムのデータを示すかを選択してください。ボードはマウスのホイールでズームすることができます。またマウスの右ボタンを押しながらドラッグすることでボードの位置を移動することができます。

かんばんビュー

特定のタイプのパイプラインに割り当てられたすべてのアイテムを表示するには、かんばんビューを使用します。パイプラインを強力に視覚化するこのかんばんビューを使えば、作業評価を迅速に行ったり、ボトルネックを識別し必要に応じて修正を行うことができます。

かんばんビューの詳細については、このヘルプマニュアルのかんばんの章を参照してください。

ボードアイテム

ボード上の各アイテムはスプリントまたはパイプライン内のタスクを表しています。アイテムがプロダクトバックログからコミットされた場合は、そのアイテムにはバックログアイコンが表示されます。アイテムを選択しキーボードの「Ctrl + G (Cmd + G)」を押すと、プロダクトバックログ内でそのアイテムを見ることができます。

agile_wall-board-item-committed

バックログからコミットされたボードアイテム

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください