フォローする

To Do リストを使う

To Do リストでは、ログイン中のユーザーに割り当てられているすべてのタスク/アイテム/バグ、更に最近のアクティビティに関する ニュースフィード が集められて表示されます。また、ここでは [経過時間] カラムをオンにすることもできます。

チームメンバーのTo Do リスト例

To Do リスト

To Do リストではプロジェクトごとにセクションが分かれており、各セクションが更にスプリント、予定タスク、バグに細分化されています。ここには、それぞれのアイテムのタスク名(サブプロジェクトパスがある場合はそれも)、ステータス、残り時間あるいは残り作業が要約された形で表示されます。ユーザーは、各アイテムのステータスおよび残り作業予測をいつでも変更することができます。

新規アイテムは todo_new-icon アイコンで通知し、左側ナビゲーションバーの [To Do リスト] エントリー部分にも新規アイテム個数が表示されます。新しいコメントがあるアイテムに関しては新しいコメントを示すアイコン todo_new-comment-icon が表示されます。

アイテムの詳細

アイテム詳細ウィンドウが表示された状態のTo Do リスト

タスク管理をより綿密に行えるよう、To Do リストでは選択したアイテムの詳細ウィンドウを開くことができます。アイテムをダブルクリックするか、[表示]→[アイテム詳細ウィンドウ表示] をクリックすることでアイテム詳細ウィンドウが開きます。[表示] メニューでは他にも、アーカイブアイテムや完了したアイテム等の表示/非表示を選択することもできます。

todo_show-activity-details

アイテム詳細ウィンドウの表示

アイテムをコンテキストの中で表示したい場合は、[プランニングビュー] アイコン todo_project-view-icon をクリックすると、アイテムをプランニングビューで表示することができます。

サブプロジェクトのソート

ソートオプションを変更するには、[ソート値] カラムに表示されている現在有効なソートモード(青字)をクリックしてください。

ソートオプションが表示されたTo Do リスト

ソートオプション内にはプランニングビューに追加されたカラムも表示されます。

この記事は役に立ちましたか?
1人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント