フォローする

プロジェクトユーザー設定

すべてのプロジェクトにおいて、割り当てられたユーザーはプロジェクトごとのプロファイル設定を持っています。この設定により、ユーザーのプロジェクト内でのアクセスコントロールを行うことができます。

プロジェクト管理セクションでのプロファイル設定

通常、メインマネージャーはプロジェクトおよびプロジェクト計画のすべてに対するアクセス権を持っており、またプロジェクトの一部をサブプロジェクトマネージャーに委任する権利も持っています。 Hansoftならこういったユーザー割当の設定も容易に行えます。 メインマネージャーの数が複数であることも可能です。

注:「メインマネージャー」の権限はプロジェクト固有となります。

[閲覧制限] ボックスにチェックを入れると(詳細は委任と閲覧制限セクションを参照してください)、そのユーザーは明確に閲覧を許可されている情報以外にはアクセスできません。

また、ユーザーが [プロジェクト履歴へアクセス可能] かどうかを設定することもできます。

開発チームのパフォーマンスを評価する監督者には、[閲覧制限] と [プロジェクト履歴へアクセス可能] のチェックボックスを両方有効にするとよいでしょう。監督者はプランニングには参加せずに、リリース遅延等のチェックを行うことができます。

ヒント:プロジェクトユーザーのプロファイル設定が完了したら、プロジェクトスケジュールの作成に進んでください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント