Looking to submit a support request? We are now a Perforce company, please submit any requests on our new support page.
フォローする

ユーザーの作成と管理

スタッフがHansoftにログインできるようにするためには、管理者であるあなたはまず彼らをユーザーとしてHansoftに登録する必要があります。

ユーザーの追加は、LDAP統合を使うことにより、自動化することも可能です。

ユーザーの作成と管理は、Hansoft の上部にあるナビゲーションバーの [管理][ユーザー]  セクションから行えます。

ユーザーリスト

ユーザーリストには、現在データベース上にあるすべてのユーザーが表示されます。また削除済みユーザーであっても、そのユーザーが割り当てられていたタスク等が現存する場合は、ユーザー名も表示されます。

・[名前] にはユーザー名が表示されます。

・[ユーザーグループ] にはそのユーザーが所属するグループが表示されます。割当とユーザーグループの詳細については、ポートフォリオの割当セクションをお読みください。

・[メール] にはHansoft のプロジェクトサーバーから送信される自動メッセージの送信先メールアドレスが表示されます。この機能のアクティベーションと メールの使用法についての詳細については、 E-mail 環境設定をお読みください。

・[ステータス] にはユーザーの状態が一目でわかるように、下記の情報が表示されます。

-オフライン:ユーザーはログインしていません

-オンライン:ユーザーはログイン中です

-同期中:ユーザーはログインしており、サーバーとデータの同期中です

-削除済み:ユーザー自体は削除されて今氏が、そのユーザーへの割当や履歴は記録されています。また同じユーザーを再度作成することもできます

-ロック状態:別サーバーから共有されいて、共有が解除または切断された場合、そのユーザーはロックされる場合があります。共有の解除によりロックされてしまったユーザーは、ツールバーからホームユーザーに変更することで、再度ログインができるようになります。

ユーザーの作成

ユーザーを作成するには、ツールバーの [新規ユーザーを作成] ボタンをクリックし、名前とパスワードを入力します。ユーザーアカウントに「ソート用の名前」を設定することもできます。この設定により、表示名ではなくこのソート用の名前でユーザーをソートすることが可能になります。ユーザーを作成すると、プロジェクトサーバー上にユーザーがログオンするアカウントも同時に作られます。このアカウントでは、予定されているすべての作業をTo Do リスト内で確認できます。

ヒント:ユーザーの名前は「山田太郎」などのように、フルネームのほうがわかりやすいでしょう。

作成したユーザー名を選択し、そのユーザーのプロファイル設定を編集します。

プロジェクトサーバーにログオン(デフォルト:オン)

緊急的にユーザーをログイン不可の状態にするには、こちらのオプションをオフにします。ただし、こちらの設定でログインできないようにしても、該当ユーザーが1ライセンスを消費したままの状態です。

管理画面へのアクセス(デフォルト:オフ)

オンにすると、そのユーザーがHansoftの管理セクションに自由にアクセスできる管理者権限を持つことになります。この設定はQAユーザーではオンにできません。。

ポートフォリオ割当へのアクセス(デフォルト:オフ)

そのユーザーに、ポートフォリオ割当機能を使える権限を与えます。この設定はQAユーザーではオンにできません。。

ドキュメントへのアクセス(デフォルト:オン)

ユーザーに、ドキュメント機能の使用を許可します。

ダッシュボードへのアクセス(デフォルト:オン)

ユーザーに、ダッシュボード機能の使用を許可します。この設定はQAユーザーではオンにできません。。

ダッシュボードのページを共有できます(デフォルト:オン)

そのユーザーにダッシュボードの共有を許可します。この設定はQAユーザーではオンにできません。

ユーザーの削除

ユーザー削除時には、「ユーザーアカウントは削除するが、割当と履歴は保存する」か「ユーザーアカウントを完全に削除する」(復元不可)のどちらかを選択できます。

「ユーザーアカウントを完全に削除する」を選択した場合、計画タスクをもつプロジェクト内の参照がすべて削除されます。またプロジェクトサーバー上のアカウントも削除されます。この操作は一度実行すると元には戻せませんので、慎重に行ってください。更に、SDK等の統合にも影響を及ぼす可能性もありますのでご注意ください。

ユーザーの復活

間違ってユーザーを削除してしまったような場合に、「ユーザーアカウントは削除するが、割当と履歴は保存する」オプションを選んでいれば、復活することができます。該当ユーザーを選んで、 [その他] メニューから [ユーザーを復活] を選択します。

ユーザーの編集

ツールバーの [ユーザーを編集] をクリックすると、ユーザーのプロパティを編集することができます。ユーザーの名前を変更すると、プロジェクト内のこのユーザーへの参照もすべて変更されます。

グループへのユーザーの追加

グループにユーザーを追加するには2つの方法があります。ユーザーを右クリックして [ユーザーグループのメンバー] からグループを選択する(または新規グループを作成する)か、あるいは [ユーザーを編集] を使用してください。

右クリックメニューからユーザーをグループに追加した例

[ユーザーを編集] の [ユーザーグループ] セクションからユーザーをグループに追加した例

ユーザーの表示/非表示

QAユーザーを表示する

[管理] タブにてユーザー管理をしているときに、このオプションをチェックすると、QAユーザーが表示されるようになります。

削除済みユーザーを表示する

[管理] タブにてユーザー管理をしているときに、このオプションをチェックすると、削除済みユーザーが表示されるようになります。ただし「完全に削除する」のオプションで削除されたユーザーは表示されません。

ゴーストユーザーの変換        

ゴーストユーザーモードを参照してください。

QAアカウント

QAユーザーアカウントを参照してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください